InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダメ文字  2007/01/31

Windows Vistaの一般向け販売が始まった。
各方面で、83JIS → 90JIS 78JIS → 83JIS による混乱を上回る混乱が予想されている。
話題のメイリオなど、JIS X 0213-2004準拠のフォントが搭載されているからだ。
要注意なのは印刷標準字形。168文字あるとのことだが、そのうちの大半の文字は以前と同じ文字コードの文字を入力したとき、0213対応かそうでないかにより、違う字形の文字が出力されてしまう。
それに該当する、Microsoftによる字形変更が行われた文字が122文字。
※XP(JIS90)とVista(JIS2004)の間には同一コードの漢字であっても字形が変わるものが122文字ある、という意味。

それとは別に、追加された字形が10文字。
上記は、先日(株)モリサワさんによるセミナーに出席し、仕入れてきた情報である。

MicrosoftはVista上で0208と同じ字形、またはXP上で0213と同じ字形が扱えるオプションフォントを出すとのことだが、それは逆に混乱に輪を掛ける事態を招くことにならないだろうか。

もっとも、実際に運用を始めないことには論じられない部分も多いのだが。


さて本題。



ここからはVistaの話題からはひとまず離れる。
# 長い前振り、しかも本題は前振りと全然関係ない話題ですみません……。

DTPにおいては、ファイル名に何らかの制限がある場合が多い。
ファイル名の制限を意識していないと、以下の場合でトラブルが起きやすい。

・異なる環境のマシンとデータを交換する場合
・データをCTPに送る場合

特に完成したデータをCTPに送る場合は、海外メーカーの製版システムを使っているところも多く、基本的に2バイトのファイル名を受け付けないことがある。
しかし最近は、バージョンアップ等により制限が緩んできているところもあるようだ。
2バイト文字を使ってもRIPを通るシステムも登場した、とは言え、ファイル名に特定の文字を使うとリッピングせずにはじかれてしまうこともあるらしい。
たとえば、「表」という文字を使った場合など。
これは、いわゆる「ダメ文字」と言われているもの。
ファイル(フォルダ)名として使える文字かどうかを調べるツールがあった。
ダメ文字チェッカー

以下は、やや脱線。
昨年(2006年)10月、「ものかの」さんの記事で読んだが、濁点・半濁点のカナもファイル名に使うのは避けたい。


誤 83JIS → 90JIS
正 78JIS → 83JIS
(2007/02/01 A.M.03:33 訂正)


赤文字追加
(2007/02/02 P.M.13:00 追加)
スポンサーサイト

ファイル名については、なんだか誰も見向きもしない状態ですね。
教育とか周知徹底なんて言ったところで、いまさら「変人」扱いですわ^^
OS上で命名できるんだから、防ぎようがない。
OSで制限をかけられるようなコンパネがあるといいんだけど。。。

できることなら、きっちりとルールに則ったファイル名の命名規則を制定しておきたいところなんですが、それができるのはあくまでも社内のデータに限りますからね(^^;
ごく稀に、手紙文のようなファイル名を目にすることがあります。
人によっては、ファイル名さえもコミュニケーションツールなのでしょうか……。

>83JIS → 90JIS による混乱
「78JIS → 83JIS」 では、と、本編に関係ないところの素朴な疑問が。

あさうすさん、ご指摘感謝いたします。
早速訂正しておきました。

メイリオもそうですが、そのメイリオの文字セットに準拠したモリサワフォントも出るそうで。
従来のモリサワOpentypeやCIDとの文字セットの互換性はどうなんでしょうかね。

> くるめさん
コメントありがとうございます。

JIS2004準拠のモリサワTT出ますね。どちらかといえばDTP関係ではなくビジネスユーザー向けに。

NewCIDですか……。ウチにもあったなぁ(遠い目) いやまだあるけど。
セミナーでは、当然ながらフォントの話(いえもうさすがにCIDの話題はなかったですよ、念のため)も出ましたが、今回は今後の対策のための啓蒙の意味合いが強く、軽く触れる程度でした。
ひとくちにOpenTypeといっても、モリサワからはスタンダード版のAJ1-3が出るし、AJ1-5の拡張版のAJ1-6も同時リリースされますね。
これらはもちろんJIS2004準拠ではありませんが、AJ1-5以上であれば、文字コードこそ2004と同一ではないものの、既に字体そのものはほとんど内包しているようですので、アプリ側での字体切換による対応ということになるのでしょうか。

モリサワさんはフォントメーカーだけのことはありますので、文字環境への対応には相当力を入れているという印象でした。セミナーの続編として第2、第3の情報提供があるはずですのでそれに期待したいところです。

今、気がついた。説明が抜けてる。追加しとこ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/93-9c3c147c

JIS

JIS日本工業規格(にほんこうぎょうきかく、Japanese Industrial Standards)は、工業標準化法に基づき、日本工業標準調査会の答申を受けて、主務大臣が制定する工業標準であり、日本の国家標準の一つである。JIS(ジス)またはJIS規格(ジスきかく)と通

(新しい記事)← グリフレットが保存できない!
便利とムダの境界線 →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。