InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


便利とムダの境界線  2007/01/23

酒と猫と組版の日々:■[DTP]本日はInDesignを使っての作業

はっきりいって組版をするうえで必要のない機能も盛りだくさんなので初心者は混乱する。

というか、私には「なんでもかんでもついてたら便利だからつけちゃえ~」といったノリで作ったとしか思えん(たしかにみるべきところも多いのだが、それ以上にムダな機能が多いというか)。


InDesign好きの私から見ても、CS2には私にとっては「ないよりはあった方がいいかも」とか、「今すぐではないが、いずれ使うはず」といった程度の印象しか持てない機能がいくつか追加されていることは認めざるを得ない。


従来の意味での組版のみに終始していればよいのであれば、それらの追加機能はソフトを重くするだけなのかもしれず、一部のユーザーはバージョンアップに魅力を感じないのかもしれない。
ましてや初心者(どの程度までを初心者とカテゴライズすべきなのかはさておき)にとって、それらは「ムダな機能」ということになるのかもしれない。
だが、多数のユーザーの要望のもとに追加されたり合理化することによりバージョンアップしてきていることは認めるべきではなかろうか。
Edicolorも、ややInDesignに水をあけられた感がなきにしもあらずとは言え、よくユーザーの要望を反映していまだに発展しつつあるではないか。
それに比べてQ……おっと、特定のメーカーの批判は自粛しておこう。

・便利、だけど動作が重い。
・ムダがないけど機能が少なすぎる。

いろんなユーザーがいる。一方に合わせれば、他方は必ず不満を感じるだろう。
便利とムダの境界線を決めるのは、他ならぬ我々ユーザー自身なのではなかろうか。

すくなくとも、こちらの環境としては、ひと昔前までInDesignでの制作を請け負ってくれる外注協力会社というと、それなりに探し回る必要があった。
それが今では、InDesign以外での制作という条件の方が、探し回る必要が出てきつつある。
自分の身の回りの状況が全国の状況と一致しているわけではない。
もしかしたら、古い環境から卒業できずにいる所は想像以上に多いのかも知れない。


青文字:追記しました。読み返してみると、複数の意味にとれる表現だったので。(2007/01/23 18:59)
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/92-a8b9c739

(新しい記事)← ダメ文字
まるい! →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。