InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いまさら文字選択  2006/11/15

いい加減に慣れてきたとはいえ、InDesign上での文字選択はエディタなどとは若干勝手が違う。

常々、つーかもう何年も(^^;)「この動作ってどうよ?」と思っていたので、とりあえずここに書いておこうと思う。



まず、トリプルクリックで1行選択。
GWiki092.jpg

当然、改行まで選んでしまうので、「shift+左矢印」で改行文字の選択を外そうとすると……。


GWiki093.jpg

反転部分の末尾は動かず、そのかわり先頭が動いてしまう。


GWiki094.jpg

こうなると、選択文字列の追加・解除は先頭部分しか反応してくれない。


回避策というか、トリプルクリックで1行選択したあとに先頭部分が影響しないように選択文字列の追加・解除をするには次の2つの方法くらいしか思いつかない。

(1)
一旦「shift+右矢印」で反転部分末尾の選択文字を1文字追加する。こうすれば先頭部分は影響を受けなくなる。

(2)
選択を開始したい部分にテキスト挿入点を置き、あとは「shift+end」などのキー操作で必要部分を選択する。


……というか……。キー操作で、反転部分の先頭が影響を受けるバリエーションを含む仕様ってどうよ? と思うのだけれども……。
スポンサーサイト

激しく同感です

Adobeさんはここら辺を一向に改善してくれませんね。
なにか意図があっての仕様なんでしょうか?
もしや「キーボードで文字を選択するような化石な輩を撲滅しようぜ!」っていう運動をひそかに行っているのでしょうか(笑)
でも最近の人ってマウスで文字を選択しますね。
一文字選択するのにマウスを使ってどうする?とよく突っ込むんですが、それが普通になってきたんですかねぇ?

マウス族は

確かに増えましたねえ、なんでもかんでもマウス族。
InDesignもCS2から、テキストのドラッグ&ドロップ編集機能が追加されているのは、その裏付けなのかもしれませんね。
いえ、別にキーボード最小限というポリシーで仕事なさっているのであればそれでもいいかな、とは思うのですけれども、ちょっと手が疲れたり効率が悪かったりするんじゃないかな、と思ってしまいます。
まあ、余計なお節介だとは思いますけれども(^^;

ちょっと話題ずれましたが、余談ついでに(笑)
ストーリーエディタ上でドラッグ&ドロップできるのはいいんだけど、レイアウトビュー上ではいらないです、私は。
しかもドラッグ&ドロップの環境設定、ドキュメントデフォルトにできなくてアプリケーションデフォルトになっちゃうから、一度有効にしたら意図的に無効にするまでドラッグ&ドロップできちゃうんですよね……面倒くさい(苦笑)
とは言え、私の端末は私以外使わないから、今のところずっとD&D無効のままで作業できてますけれども。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/70-9b61305a

(新しい記事)← WHF
D&Dでテキストを書き出すVBスクリプト →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。