InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


行をまたぐ囲み罫を考えてみた  2006/11/01

今月下旬、キヤノンシステムソリューションズ株式会社からEDICOLOR9.0が発売される。

正直、さほど魅力を感じない。

とは言え、文字飾りや線飾りは素晴らしく充実したソフトである。
InDesignで、チョイチョイと罫巻きしたいなー、と思うその一瞬、EDICOLORが恋しくなることも。


うちにはEDICOLOR7.0があるからいいもーん、とか言ってみる。
たとえばスポット的に文字飾りが欲しければ、EDICOLORで部品として作っておいてEPS書き出しとか……。
いやいやいや、レイアウトソフトに貼り込む部品を作る目的でレイアウトソフトを使うなどっ!(苦笑)

というわけで。
複数の行をまたぐ文字列にも対応した罫巻きを、InDesignで作る方法を考えてみた。

(1) 線種を編集し、ストライプで上下それぞれ5%くらいの太さの線を作る。
GWiki081.jpg

GWiki082.jpg


(2) 囲みたい文字列を「打ち消し線」にて作った線種を選択し、文字を囲める太さに設定。
GWiki083.jpg


(3) この文字列の前後を、CS2ならSING外字で作成した外字か、CSならインライングラフィックで「フタ」をしてやれば完成。
GWiki084.jpg
スポンサーサイト

EDICOLOR

EDICOLORは6.0あたりで、ほぼ完成形になってしまった感があります。
ただ9.0は浮動枠とか振り分けなど、EDIANには普通にあった機能が取り込まれるなど、文字組み中心の組版には魅力的な機能が搭載されます。
個人的にはEDIANとEDICOLORで、データの互換性を持たせる方向に動いているのかな?と思います。
私は組版の人間ではないですが、顧客サポートの関係でEDICOLORは使い続けています。私の非力なマシンでもEDICOLOR8あたりからはサクサク動くようになってきました。昔はInDesignで作っていたマニュアル類もEDICOLORに移しつつあります。
ちなみにEDICOLORの飾り罫フォントは、うちが作ったものをキャノンさん(当時は住金さんだったか?)に提供して搭載するようになりました。
でも会社全体はQuarkXPressからInDesignに移行します(^^)

そうそう、住友重金属さんでした

goriさん、コメントありがとうございます。

>データの互換性を持たせる方向に
どうなんでしょうね。
でも、もし互換性を持つようになれば、EDIANも使っているウチとしては、多少メリットがあるのかな?
でも、多分バージョンアップしませんけど。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/64-382675e5

(新しい記事)← ああああ!!
文字組アキ量設定の限界 →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。