InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【注意】InDesignのスタイル  2006/10/16

※今回のタイトルには偉そうに【注意】などと書いたけど、若干あら探しっぽい内容です。


InDesignにWord書類を配置する方法として、Word書類上できちんとスタイルが適用されていた場合、InDesign上でWordのそれと同名のスタイルを用意した上で配置するという方法がある。
この方法を使えば、Word上の書式とは無関係に、InDesign上のスタイルに設定した書式で配置されるため便利である。

が、印刷会社の立場から見た、この仕様の注意点を考えてみる。


印刷物は、定期物や改訂物など、過去のデータ資産を流用することが多い。

1 表紙のテキストにスタイルが使われている。
2 本文は製版出力機で面付するが、表紙はフロント側で面付してから製版機に渡している。
3 そこで、過去の面付台紙を流用。
4 しかし、昨年の表紙で使用したスタイルを、名前はそのままで今年は変更して利用している。

この方法で面付する以上、昨年の台紙に今年の表紙をコピー・ペーストした時点で同名スタイルの書式内容が無警告で昨年の書式に置き換わってしまう。

文字スタイルで例示してみる。
このブログでいつも紹介している文字スタイル、ふたけた(半角等幅)とひとけた(半角等幅+文字前・後四分アキ)を用意して実験。
「名称未設定-4」は上記の通りの書式内容。
「名称未設定-5」は上記の内容をわざと反対にしている。
そのうえで、「…4」から「…5」にコピペすると、ご覧の通り。
GWiki067.jpg



対策としては、台紙にペーストする前に、全てのスタイルを「スタイルとのリンクを切断」しておくという程度か。
※CSの場合、「なし」を選んでも書式が変わる心配がないので、「なし」にするだけでOK。
スポンサーサイト

よろしくお願いいたします

うちの会社のデザイン部門もInDesignに移行しつつあるんですが、私がDTPから離れてしまっているので、現場でのInDesignの情報収集のために、これから読ませていただこうと思います。
よろしくお願いいたします。

こちらこそ

教わる立場なのは私の方ですが(苦笑)、こんなブログでも、もし現場の方のお役に立つのであれば、もう少し気合いを入れて更新しようと思います。
こちらこそ、よろしくお願いします。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/62-0e4b1257

(新しい記事)← 文字組アキ量設定の限界
Windows版キーボードショートカット →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。