InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CSのインデントにまつわる不具合  2006/10/06

ジャスティファイのかかっている段落において、マイナスインデントの設定をすると、禁則の都合などで、2行目以降が意図した位置に揃わないことがある。
これについては、勉強部屋においては箇条書きの先頭文字がフレームの外側に飛び出す問題が紹介されており、その中に解決策が示されている。

Study Room CS2 No.15 箇条書き



私が好む解決策は、上記リンク先の記事末尾に示されているとおり「ここまでインデント文字」を使うことだが、CSにおいては若干不具合があるようだ
不具合があると思ったのは単なる勘違いでした。

まず、下記のように任意の位置に「ここまでインデント」文字を挿入。
※実際に仕事で使っているテキストにつき、文章はスミで塗りつぶしました。ご了承を。
GWiki064.jpg


でもって、このブログで度々紹介しているようなEdicolor的組版のため、ひとけた数字を半角中付にした箇所が、フレームの右端近くに出現すると……。
GWiki063.jpg


あらら。何してくれるんだ、InDesignCSくんはw
どーやら文字前後のアキ量を設定した箇所以前はベタ、それ以降の文字間を広げることで、ジャスティファイの調整をしてくれてるようだwww

これは、この仕事の作業者が、文字スタイルのかかった数字の直後にカーソルを入れてそのまま続きの文字を入力したため、単に文字スタイルが解除されていなかっただけだということが判明しました。

そこで、この「半角中付」数字をカット&ペーストでフレーム左寄りの任意の位置に貼り付け、再びカット&ペーストで元の位置にペーストし直すと、文字間がマトモになった。
まぁ、使用フォントはOpenTypeなんだから半角中付の異体字持ってるし、それ使うのがスマートなんだろうけど。
カットアンドペーストの後、念のため文字スタイルを「なし」にして段落スタイルの強制適用をかけているが説明を端折っていました。

ちなみに、この同じファイルをCS2で開くと、文字間の不具合が直った状態でファイルが開いた。
↑これは単にスタイルのオーバーライドを消去しただけにすぎないことが判明。
スポンサーサイト

デマ情報の発信、失礼いたしました

うーむ。
このエントリは同僚が担当する仕事の不具合検証の記録だったのですが。。。
問題のファイルを検証するにあたり、数字のすぐ後ろの文字に文字スタイルがあたったままかどうか、文字前後のアキ量が設定されていないかどうかをチェックするというあたりまえのことを怠りました。
お恥ずかしい限り。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/57-4aa778ce

(新しい記事)← DVDドライブから異音が
表のTIPS(と言えるかどうか) →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。