InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


表枠設定スクリプト  2006/08/08

某有名SNSの中に「InDesignコミュニティ」がある。
そこでInDesignの表罫線の太さを設定するスクリプトについて質問をしたところ、こむぎさんとおっしゃる方からとても素晴らしい回答をいただいた。

目的の表に挿入ポイントを置いておき、ダイアログに表枠の罫線の太さ、外枠の罫線の太さ、マージンを入力してOKすると入力値が反映された上、テキストはセルの中央に設定される。
入力値は記憶されるため、次回起動時は最後に入力した値が入った状態でダイアログが立ち上がる。

こむぎさんの許可をいただいたので、スクリプトを公開します。


GWiki033.jpg


InDesignCS(MAC/WIN)
InDesignCS2(MAC/WIN)
にて動作確認済み。


↓このリンクをクリックしてダウンロード
InDesign用表組み基本設定

***ダウンロードした方は***
zipファイルを解凍すると、フォルダにreadme.txtが入っています。
内容に同意した上でご利用ください。


何度か試しましたが、どうやら私の個人用ウェブサイトよりもDTPWikiからの方が確実でしたので、上記リンク先を書き換えました。
このエントリを投稿した時点でのリンク先は私のサイトでしたが、現在はDTPWikiに替えてあります。
スポンサーサイト

う~む

ダウンロードできないなぁ。

ほんとですね^^;;;
すぐ対処します。
1時間程度お待ちを。。。

とりあえず、DTPWikiにもアップしておきました。
http://dtpwiki.jp/?InDesign
「インデザイン用表組み基本設定」をアップしましたのでご利用ください。
こちらは確実にダウンロードできます。

↓ このリンクをクリックすると直接ダウンロードできます。
http://dtpwiki.jp/?plugin=attach&pcmd=open&file=table_initialize20060807.zip&refer=InDesign

ダイアログに入力フィールドをひとつ増やし、表の外罫の上下と左右を別々に指定できるようにしました。
左右のタテ罫だけ太さ0にしたい場合などに対応できます。

InDesign用表組み基本設定v1.0.1
  ↓   ↓   ↓
http://dtpwiki.jp/?plugin=attach&pcmd=open&file=table_initialize20060809.zip&refer=%A5%B9%A5%AF%A5%EA%A5%D7%A5%C8

おう!

スゴイ,スゴイ。
いきさん,どうもありがとうございます。
コレはなかなか便利ですねぇ。

私の労力といえば、入力フィールドひとつ分だけですから(笑)
いやー、こむぎさんのおかげで随分ラクができそうですよ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/51-0a4ef09a

(新しい記事)← シリウスとナウをOTFに追加
文字スタイルの活用:半角中付き →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。