InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


忘れ物  2006/07/24

ウチの仕事ではないが、ごく稀に、「もらったテキストをほぼそのまま配置して終わり」という仕事がある。
用語の統一も句読点の統一も誤字も一切チェック不要とのこと。
新聞に載せる投稿記事などに見られる、「原文のママ」という感じのものだと思う。



そんなテキストでも先方の編集者としては、かっこ付き数字などのごく一部の記号については、元テキスト通りに半角パーレンと半角数字で表現すればいいわけではなく、きちんと1文字幅の外字にしたいらしい。
話はソコで終わり。その会社が、その仕事をどの組版ソフトで組んだのかは判らず終い。

ウチには関係ないが、InDesign で組むとしたら特定の記号だけユニコードで指定してタグテキストで配置すれば良いだろう。
で、ちらっとやってみた。
WindowsXP + InDesignCS で実験。

エディタで半角パーレンに囲まれた数字を <2474> など、対応したユニコードに置換。
配置。

忘れ物。今回の実験では、ファイルの先頭に
<SJIS-WIN>
を入れるのを忘れた。

当然、InDesignには <2474> などがそのまま配置される。
元ファイル先頭に <SJIS-WIN> を入れて配置し直すのが一番早いが、記号が数個なら InDesign 側で置換してもいいかと思い、実験。
いや、そもそも記号が数個なら、元ファイルを編集せずに普通に配置またはコピペして InDesign 側で編集した方が早いが。

長すぎる前フリだったが、ここが本題。
InDesign上で <2474> を検索した場合、“<2474>”という文字列にはヒットしてくれないのだ。
4桁数字を半角不等号で囲んだ場合、そのユニコード値を持つ文字にヒットする。
すなわち、この場合は「かっこいち」にヒットしてしまうので、目的の置換ができないのだ。
そこで、検索側の“<”をユニコードで指定する。

 検索文字列:<003C>2474>
 置換文字列:<2474>


これで目的の置換が成功。
しかし、もしテキスト中に“(10)”まで含まれるとしたら、数字を1ずつ増やしつつ、全部で10回置換操作をしなければならない。

やはりここは素直に元テキストに
<SJIS-WIN>
を追加して配置し直すのが良い。
スポンサーサイト

>そんなテキストでも先方の編集者としては、かっこ付き数字などのごく一部の記号については、元テキスト通りに半角パーレンと半角数字で表現すればいいわけではなく、きちんと1文字幅の外字にしたいらしい。
そういう要望があって、毎回同じ仕様だとすれば
Script組んでヤッちゃっても良いですよね~(^_^

VBS形式、モリサワOTF(Pro5ではない)、
InDesignCS(3.0.1)で動作確認しました。

'----------------------------
Call Rep("(1)","<2474>")
Call Rep("(1)","<2474>")
Call Rep("(1)","<2474>")
Call Rep("(2)","<2475>")
Call Rep("(2)","<2475>")
Call Rep("(2)","<2475>")
Call Rep("(3)","<2476>")
Call Rep("(3)","<2476>")
Call Rep("(3)","<2476>")
Call Rep("(4)","<2477>")
Call Rep("(4)","<2477>")
Call Rep("(4)","<2477>")
Call Rep("(5)","<2478>")
Call Rep("(5)","<2478>")
Call Rep("(5)","<2478>")
Call Rep("(6)","<2479>")
Call Rep("(6)","<2479>")
Call Rep("(6)","<2479>")

Sub Rep(FindStr, RepStr)
Dim MyInDesign
Set MyInDesign = CreateObject("InDesign.Application.CS")
With MyInDesign
.FindPreferences = Nothing
.ChangePreferences = Nothing
.FindPreferences.FindText = FindStr
.ChangePreferences.ChangeText = RepStr
Set MyRepRtn = .Search
.FindPreferences = Nothing
.ChangePreferences = Nothing
End With
End Sub
'----------------------------

おお。さすが、いい感じです♪
組版を担当した会社が、もしInDesignCSを使っているなら、教えてさし上げたいですねぇ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/47-a9eda8d0

(新しい記事)← 文字を扱うためには
文字の変倍 →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。