InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


文字の変倍  2006/07/11

InDesignはページレイアウトソフト。
テキストに変更を加えたければ、基本的には文字パレットやコントロールパレットを使って変更するべきである。

が。最近少しずつ、外部からのInDesign入稿があるのだけれども、Illustrator的なチラシ的な作業において、テキストをフレームごと変形してしまうケースが散見される。
社内的には禁止だけれども……、持ち込みデータにまでは強制力はないわけで^^;
ただ、縦組みフレームを変形すると、嫌なことが起こるよー。

そしたら今日たまたま、InDesignユーザーフォーラムでも同様の話題が。
あっちでも答えておいたけど、こっちでは図入りで。


では実験。
GWiki020.jpg

フレームの左側中央のハンドルをctrl+ドラッグ。
左へドラッグしてみた。全員デブになれ~♪
GWiki021.jpg

おや? 最終行だけノッポさん。
文字パレットで見てみると、意図どおりの変形がかかっている行は、級数が上がり、縦比率が69.8%になっている。

GWiki022.jpg

ところが最終行は、縦比率100%・横比率69.8%と、直前の行までとは逆の比率になっているのだ。
GWiki023.jpg

そこで、最終行を選択し、スポイトツールで直前の行をクリック。
GWiki024.jpg

というわけで、ノッポさんもめでたくデブになった。

でも、このワザおすすめしません。
良い子は普通に文字パレットかコントロールパレット使いましょう。
スポンサーサイト

エントリと関係ないハナシですいません。
>全員デブになれ~♪
なんかカワイくて、好きです。
あ、Tips「も」いただきますw

> あ、Tips「も」いただきますw

あれ、あかつきさん、「良い子」ぢゃないんですか?(笑)

ところで、A3ポスターをデザインそのままにA4チラシに縮小する場合とか、等倍で縮小って状況なら容易に想像がつくんですが。。。
変倍ってどういう状況なんだろ?
平べったい文字がほしいだけなら、最初っから平体かければいいと思うし……。謎です。

>平べったい文字がほしいだけなら、
>最初っから平体かければいいと思うし……。

 最近、ウチの師匠のデータを見たら、「51.234級」とかの文字がありました。「見た目で決めた」そうです。
 直感的に作業する方なので「しょうがないのかなー」と思いますが、それをそのままにしておくのと数値を丸めるのは別の話だと思ってます。
#本人には、言えない……(笑)

> 直感的に作業する方

ある意味、才能ですね(笑)
でも、あまりページ物組版には向かn(ry

 すいません「オチ」書くの忘れてました。
>直感的に作業する方なので、
 各種ボックスの端をつかんで拡大・縮小を行うので、各種数値がとんでもないコトになるのでは、と。

> 各種ボックスの端をつかんで拡大・縮小を行う

うああ、目の前でそんなことされたら、タメ口で制止してしまいますよ、私(苦笑)

ペラ物専任者とページ物担当者の感覚の違い

「InDesignの勉強部屋」でよくご覧になっている名前の者です。

さて、「見た目で作業する」、これは思考が最大でも見開き版下の範囲までしか及ばない「デザイナー」の性といえるかもしれません。
いつだったか一緒に仕事したデザイナーは、
「最初にチェックするのはスキャンした手書きイラストの線の太さのバランス」という価値観でした。
これをもとに他のパーツのバランスを考えていっていましたが、中には「1段組本文を2段組にしてでも下部にアキを設ける」という、ページ物経験者としては納得しがたい指示も入れてきました。
さすがに「普通ページ物でそんなことはしない」と断りましたが。

illustratorの習慣が影響するのでしょうか、どのアプリケーションでも先に書いた「思考の見通し範囲が見開き単位」の方が多いと感じるのは気のせいでしょうか。それこそページ物には向かない…。

篠原酒店さん、こんにちは。
勉強部屋ではいつも的確な書き込みを拝見し、勉強させていただいています。

> 「1段組本文を2段組にしてでも下部にアキを設ける」
新書版サイズの小説のようなイメージでしょうか。
そうすると、段間マージンが発生するし、さらに下部にアキが必要……。ページが増えて、印刷屋としてはうれし(省略)

> 「思考の見通し範囲が見開き単位」
うはは(^^;
私の場合、一緒にお仕事させていただくデザイナーさんには恵まれているかも知れません。

私は、イレギュラーなデザインを全否定するつもりはありません。しかし、モノを作るのに設計図が必要なのと同様に、本を作るにもページ全体の構成をきっちり考える必要があると思っています。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/46-48b0b715

(新しい記事)← 忘れ物
InDelimiterVersion1.1.1公開 →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。