InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


合成フォントの拡張ラテン文字  2011/07/14

Windows XP ・ InDesign CS3/CS5 にて。
(キャプチャ画像はCS5のものです)

WS000203.jpg

字形パネルで「拡張ラテンA/B」あたりを見ると一目瞭然ですが、同じ和文フォントでもProとPr6Nとでは表示できるグリフ数が全然違います。
前者がAJ1-4、後者がAJ1-6で、収録文字数はAJ1-4が約1万5千字、次に発表されたAJ1-5が約2万字、現在最新のAJ1-6が約2万3千字であり、相当多くのグリフが追加されています。


さて、本題。
半角英字の形状が和文と違っても良いのであれば、拡張ラテン文字も欧文フォントでいいのではないかという考え方が成り立ちますね。
そこで、合成フォントの登場です。
※欧文フォントも種類によってグリフ数の多寡があるので、拡張ラテン文字を含まない欧文フォントがある点にご留意ください。


まず、複数の合成フォントを作成します。
その1: 小塚明朝Pr6N EL+Times New Roman
その2: 小塚明朝Pro EL+Times New Roman
その3: 小塚明朝Pro EL+Times New Roman+特例文字

合成フォントその1で3行入力します。
WS000201.jpg
おや? 全部小塚明朝です。とりあえず、気にせず実験を続けます。


2行目を選択し、合成フォントその2を適用します。
WS000202.jpg

このように、警告が出て拡張ラテン文字のいくつかはフォント変更が効きません。これは、拡張ラテン文字のうちいくつかがAJ1-4(つまりPro版)のグリフに含まれていないためです。


3行目を選択し、合成フォントその3を適用すると、拡張ラテン文字の箇所がTimes New Romanで表示されます。
これは実は特例文字で指定してあるためです。特例文字の設定を下記に示します。
WS000200.jpg

上記ダイアログのような設定をすることで、拡張ラテン文字に目的のフォントを適用することができます。
なお、合成フォントその3の和文はpro版を指定していますが、拡張ラテン文字はきちんと表示されていることがわかります。

ちなみに、UNICODEを扱えるエディタに必要な文字を打ち込んでおき、「直接入力」モードで入力欄にコピペしてやることで一気に追加できますので参考までに。
WS000204.jpg

もうおわかりですね。
以上のことから、合成フォントの「半角欧文」には、拡張ラテン文字が含まれないことがわかります。
なお、CS4以上を利用している方は、合成フォントではなく正規表現スタイルを利用するのも良いと思います。
スポンサーサイト


コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/443-f3e118f6

(新しい記事)← EXCELの怪しい挙動
段落コンポーザーは嫌われ者 →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。