InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第二回テクニカルDTP勉強会参加報告  2010/06/29

2010年6月26日、名古屋は千種駅すぐそばにあるニューキャストのセミナールームにて、テクニカルDTP勉強会の第二回が開催された。
私は第一回開催以前からユーザーグループに参加させていただいておきながら、今回が初めての参加であった。

それぞれご自身のブログでフォローアップ記事などを書いていらっしゃるので、ここでは主宰者のmkawaさんの発表の概要をまとめ、ふり返ってみようと思う。



「自動組版とサーバーフォント」

フォントベンダーが提供しているサーバーフォントはライセンス料が高い。
恒常的に自動組の案件がなければ年間ライセンス料のコストが高くつく。
せめて月割りで利用できるようにしないと、サーバーを経由する自動組版は主な利用者たる印刷会社から見送られる傾向にあるのではないか。

その一方、iPadで読む場合に読みたくなるフォントを、プロ向けフォントベンダーのフォントにこだわらずにフリーフォントの中から探すのもひとつの選択肢として考えても良いのではないか。
つまり、iPadで見せるコンテンツだからと言ってもePub形式にこだわらず、PDFで見せる方法をあえて選んでも良いのではないか。
デバイスに合わせたフォント選びというものが、より読者寄りの視点として重要になってくるはず。

従来のフォントベンダーとは別に、GoogleがWEBフォントサービスの提供を開始している。
現状ではまだ欧文フォントのみのサービスだが、今後日本語フォントにも対応していくことが期待される。
ただし、この点について参加者より以下の点が指摘された。

ページごとにフォントのフルセットがダウンロードされるため、欧文しかない現状でさえワンポイントで利用するようにしないとWEBページが非常に重くなる傾向があり、日本語フォントへの対応は難しいのではないか


とのことだった。

現在、Jimboホームページサービスにおいて、モリサワフォントが利用できるサービスが提供されているなど新しい動きもあり、各フォントベンダーによる今後のサービス展開にアンテナを張っておきたい。



当日はUstを通じ、会場にいらっしゃらなかったせうぞーさんのコメントを時折mkawaさんが読み上げてくださり、ご参加なさっているかのようで楽しかったです^^
また、同じく会場にいらっしゃらなかったmgさんのお名前(や、プレゼン画面のブログのコメント欄にあらわれるmgさんのアイコン)が参加者さんから挙がったりして、業界有名どころによるこの勉強会への関心の高さが感じられました。


関連情報:
第二回テクニカルDTP勉強会、「InDesign CS5 と Webサービスとの連携デモ」 | Object Design Blog
カネムーメモ: 「第二回テクニカルDTP勉強会」フォロー、スクリプト・プログラマー宣言
Turing-Boogie-Machine: opub
スポンサーサイト


コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/424-c6476da7

(新しい記事)← お疲れさまでした
DTPの勉強会【東京】 第1.2回 →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。