InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


異級数混在時のベースライン位置  2007/12/27

今回の件、CSとCS2においては挙動が一致しているが、CS3で仕様変更になったものと思われる。
一行目に異級数混在テキスト、二行目に段落の上に境界線を設定したテキストを入力した。
左のフレームは数字の部分に欧文フォントを使っているが、右のフレームは全て和文フォントを使っている。
まずは、CSの画像から。
WS000009.jpg

ガイドラインは欧文(見ての通りFuturaだけど)のベースラインと思しき位置に引いてある。
文字の揃え位置を変更した場合、どれを選んでも大きな級数の文字は固定され、小さな級数の文字だけが揃え位置に応じて移動するのがわかる。
ただし、和欧混植の時と全て和文フォントの時とでは、ベースラインの位置が違う。
そのため、大きな級数の部分に和文フォントを使用している場合、揃え位置に欧文ベースライン(仮想ボディの下、もしくは平均字面の下場合も同様)を選択すると全体の行位置が下がり気味になる印象が。
これはCS2でも全く同じ挙動だ。



次にCS3の画像。
WS000010.jpg

注目すべきは欧文ベースラインに揃えた場合の挙動だ。仮想ボディの下、もしくは平均字面の下に揃えた場合も同様だが、大きな級数の文字も移動してしまう。
今回のように、次の行に段落境界線を設定していたらくっついちゃうじゃん。いやん。
仮にこの仕様を“改善”と言えるのだとすれば、前バージョンと違って、例えば、和欧混植で校出した後、全て和文フォントに変更する指示が来ても、CS3の仕様であればベースライン位置が変わる心配がないという部分だろうか。
しかし、せめて前バージョンと互換性のある組版方式を選択できるオプションを残しておいてほしかった。
このままでは、CS2以前の異級数混在/ベースライン揃えテキストをCS3でコンバートした時に、異級数混在行の行位置が下がった状態で開いてしまうことになるのだ。
今回の画像のように次行に罫線が設定してあれば、行間が狭ければぶつかってしまう。
したがって、旧バージョンコンバート後、異級数混在/ベースライン揃えの行に関してはベースラインシフトにより行全体を上にシフトさせる必要が出てきてしまう。
これはひどい。不満、不満。





訂正(2007年12月28日)
勘違いしてました。
仮想ボディの下を選んだときは大きな級数の文字は移動しませんでした。
これだけは、CS/CS2と同じ挙動。


追加情報(2008年1月23日)
5.0.2アップデータが発表されました。
これにより、この問題は解決します。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/208-78ddc114

(新しい記事)← 生きてますよ
字形パネルの動作を少しでも軽く →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。