InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


変更された文字クラス  2007/11/22

DTP駆け込み寺 掲示板にて、「InDesignの文字組みのカスタマイズ」というスレッドが立っていた。
mixi日記にも書いたけど、あちらは限定公開なのでこちらにも記録しておくことにした。

(主に)縦組で使う、一文字幅の単位記号(いわゆる合字記号)などは、CS2までの文字組アキ量設定における文字クラスの中では「上記以外の和字」に分類されていた。
 # 単位記号については社内的にはほぼ封印していたので、全然気付いていなかった。
画像はCSにおいて、文字組アキ量設定を極端に編集してみたもの。
GWiki408.jpg

合字記号は、CS3では「後置省略記号」に修正されている。
CS2/CS3両方をインストールした環境においては、CS2のデフォルトも「後置省略記号」に。
ただし、CS3インストール以前に作成した書類は「上記以外の和字」のままになっており、その書類はCS3を使って開いても「後置省略記号」に置き換えられることはない。

(後半へ続く!)


ただし、古い書類を開いた場合、CS3上で新しく文字組アキ量設定を作っても、合字記号の文字クラスは「上記以外の和字」のままとなってしまう。
ドキュメントに埋め込まれていることになるわけだが、これをユーザーが編集する手段は用意されていないのだ。
そこで、CS3の新規書類にドラッグコピーしてみた。

GWiki409.jpg


注意すべき点を挙げるとすれば、CS3で新しい書類を作成し、部分的なパーツを古い書類からコンバートして使う場合であろう。
もっとも、実際には「後置省略記号」と「上記以外の和字」との間に極端な差異を与えるような文字組アキ量設定を作ることは(少なくともウチの仕事では)なかったので、さほどの懸念材料とは言えないかもしれないが。

※同じCS3で、同名の文字組アキ量設定なのに差異が生じる場合が有り得る……そう考えると、ちょっと嫌かも。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/200-7f398823

(新しい記事)← CS3のプリント
画面のスクロール →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。