InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


組版ルールについて その1  2007/10/12

# タイトルに「その1」をつけたのは、もしかしたら今後もこのテーマでエントリを書くかもしれないから。

手許に「JIS X 4051: 2004 日本語文書の組版方法」がある。
平成16年3月20日改正分、6700円(税別)。もちろん会社で買ってもらったモノ(笑)

この本、実はわずか200ページ程度で、巻末の附属書(もちろん附属書も本文と解釈することはできるが)や解説を除くと正味120ページ程度なのだ。
従って、当然と言うべきか、これを読んでも組版の現場では「こういう場合はどうすんのー?」という場面に遭遇することが多い。

例えば、縦組みの本文中に、前後が数字などでないにかかわらず“”や“”などの記号を使って欲しい、とクライアントから要求された場合など。
これは、冒頭で紹介した規格書の中には記載されていない。

組版ルールは、「こうしてはいけない(こうしなければならない)」ものと「こうした方がいい」ものに大別できるように思う。
この例は、後者にあたるだろう。
欧文を組む要領で、算術記号のみをマイナス90度(文字の天が右に向くように)回転させるのが良いと思われる。
少なくとも、「使ってはいけない」というルールは存在しない。
スポンサーサイト


いき♂さん、ごめんなさい。

ギャー友達申請ってフォーム確認しないと申請されたのわからないんですね;
すいません、ずいぶん前に申請してもらったのに・・・・
今いじってて、気づきました承認させてもらいました~
ほんと、すいません。・・・orz

承認ありがとうございます♪
いえいえ、おそらく気付いておられないのだろうな、と思っておりましたので(笑)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/172-9d51798a

(新しい記事)← EPSのプレビュー
システムにもダイエットは必要 →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。