InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


動いたり動かなかったり  2007/07/04

今日の日記、カテゴリはJavaScriptにしておいたけど、Adobe CS3インストール後のトラブル日記。
実務に追われているので検証不十分なのだが、CS3インストール後、どうやら一部のJavaScriptがCS2で正常に動作しなくなっている模様。
結構たくさんJS入れているので、全てのスクリプトについての検証はできていない。
一方、Visual Basicは今までと同様正常に動作する。

ちょっと困っているのは、正規表現検索スタイル適用.jsが動かないこと。
もちろんWindowsならVBがあれば良いので、Liさんのサイトの正規表現検索置換Nβがあれば事足りる。
なお、わがMacintoshチームはまだまだCS3を使う予定がない。

MACユーザーでCS3にアップした方で、CS2においてASは使えるけどJSが動かなくて困っているという方はいないだろうか?>だれとなく
スポンサーサイト


こんばんは。
移行の狭間のこの時期、色々ありますね。
うちのMacにはうちのJavaScriptしか入っていなく参考になりませんでしょうけど、
CS2で動いていました。
周りはまだまだcs2なので、合わせるのに面倒ですが、使いかっては良い様な。

実は、PICTRIXさんのスクリプトも動かなかったんです。
しかし、突然動くようになりました。
正規表現検索スタイル適用も正常。
随分気が楽になりましたが、上記の他にまだ動かないJSがあるようです。

やったことといえば、拡張子JSやJSXのファイルについて、ExtendScript Toolkit 2 への関連付けを解除したり関連付けし直したり。
その操作と一部のJSが回復した現象との相関関係は不明です。

あらら。
不可解気持ち悪いですね。

関係ないんですが、今ID用のスクリプト1つ、BetaBoxにアップしました。
画像を配置して行くスクリプトです。
もし良かったら使ってみてください。[cs2 / cs3]
ごめんなさい、宣伝しちゃって。。。^^;

いえいえ、InDesignに関することなら。
しかも他ならぬPICTRIXさんのJSなら。
どんどん宣伝しちゃってください。
PICTRIXさんのスクリプトはこちらへ。
  ↓  ↓  ↓
http://blog.pictrix.jp/

今日の仕事でさっそく利用させていただきましたよ!>PICTRIXさんのスクリプト

画像十数点~数十点未満とか、決して少なくはないけど多すぎるほどでもない時に威力を発揮しますね!
スクリプトラベルもいらないし。便利便利!!
みなさん、是非是非利用しましょう!

あはっ、ありがとうございます。
ちゃんとWinでも動きましたか、良かった。。。
Adobe JavaScript も、アイテムの選択順が扱えると、もっと柔軟になるんですがね。。。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/129-224251cd

(新しい記事)← 字形パレットが非表示のままでも
CS3キター! そしてやられました →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。