InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


見開きのノドの問題  2007/06/26

従来、8ページずつで発行することが決まっていた定期物。
お客様の都合で今回だけ10ページに。
しかも、校正のかなり最終に近い段階でページを追加された。
仕上がりA4なので、A4ペラの入紙を1枚はさむことになった。

従来1刃(←ローカル用語かな? ウチでは“1刃”と書きながら“いっとう”と読む)で面付けしていたがA4ペラ部分を製本するために2刃で面付け。

今までは写真を配置する際、小口側の裁ち落としはあったけれどもノド側は適度なマージンをとって配置していた。
しかし今回、やむを得ず2ページ増やすほど内容が盛りだくさんで、入紙にあたるページはノドぎりぎりに写真が配置されている箇所も。

結果、2刃のドブ部分に、製本されるペラのページに隣接する写真が出力された。
これ、裁ちがずれたら印刷物に出てしまう。


ベテラン製本オペレータが、裁ち位置を微妙に小口側にずらすことで刷り直しを防いでくれた。やはり最後はアナログ頼み。
今後の対策としては、検版時にフロント側のDTPオペレータにもドブに気をつけてもらうことと、出力PDF作成後にPitStopで削除するか(これ、自社内PDFにしか実行できん荒技だな)……とにかく気をつけるしかなさげ。


さて、以下は反省&謝罪。

以前のエントリにコメントをくださった方への私からのレスで、

少なくともウチの製版担当は嫌がりません。


などと発言したけれども撤回いたします。

coffee floatさん、ごめんなさい。
今でもこのブログを見てくださっているかどうかわかりませんが。
ウチもノドの裁ち落とし、今まで以上に気を遣う必要が出てきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/127-ab04096f

(新しい記事)← CS3キター! そしてやられました
お引っ越しのお知らせ →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。