InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[CS] スタイルのトラブル  2007/05/09

解決済み。後ほど追記する予定。
簡単に現象のみ紹介。

いったいどうしたらこんなインデント設定ができるのー!?
初めて見た時は焦った(^^;
GWiki222.jpg




以下、追加部分

数十ページのドキュメント。
あるページで段落スタイルを使っていた。
左インデント7ミリ、1行目インデント0ミリの設定である。

担当オペレータは、おそらく気づかぬまま上記の段落スタイルを選択した状態で別のページで新しいテキストフレームを作成したものと思われる。
この時、文字パレットで書体・級数を変え、段落パレットで左インデントを0ミリに。

その後、左インデント7ミリのページに修正指示が。
ハンギングインデントに変更する必要が生じ、左インデント5ミリ、1行目インデント-5ミリに変更。

んで、気づかずに同じスタイルを使って部分的にオーバーライドした、例のページを見てみると……。
オーバーライドした左インデントは0ミリのまま、先ほど編集した1行目インデントはめでたく-5ミリになってしまったというわけだ。

スタイルは便利だけど、Iビームポインタ(テキスト挿入点)を、段落スタイルを適用した段落に置かずに編集した直後などは要注意。
そのまま新しいテキストフレームを描画すると、その段落スタイルが適用された状態になるのだ。
まあ、あたりまえのことなんだけど、オペレータによっては、その“あたりまえ”が浸透していなかった。

対策:とにかく気をつけましょう。
スポンサーサイト

で、左インデント0ミリ、1行目インデント-5ミリだと具体的にどういう不都合があるかというと、行長の認識がおかしくなるのだ。
とりあえず今回は横組テキストを想定した上での話だが、たとえば問題のオーバーライドされたスタイルを適用したフレームの横幅が50ミリだったとして、タブ揃えで右揃えタブを50ミリの位置に置いたとする。
その状態で、テキストをフレーム右端に揃えようとしてタブを挿入してみると、目的のテキストは次行に送られてしまう。
1行目インデント-5ミリの設定が邪魔をして、フレームが50ミリの場合、タブを入れなければフレーム右端まで普通にテキストを流し込むことができるのに、タブ揃え設定の右揃えが有効なのは45ミリの位置までに制限されてしまうのだ。
もっとも普通のタブではなく右インデントタブを使用すれば、とりあえずフレーム右端に寄せることができるのだが。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/114-3d8d37c2

(新しい記事)← CS3でXMLエレメントをコピーすると…
フライングどおりだったようで →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。