InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CS2でXMLエレメントをコピーすると…  2007/04/27

結論は出ていないが、前回のエントリの冒頭で触れた、fourさんと共同での検証作業の内容について記録しておく。

InDesign CSにおいては、XML取り込みをした後、XMLタグ付きのフレームをコピー&ペーストしたところで特に変わったことは起きない。
オブジェクトが正常に複製され、構造ウィンドウを見れば同じ名前のエレメントが追加されていることが確認できる。


しかし、InDesign CS2においては少々嫌なことが起きる。
下図のようになってしまうのだ。
GWiki217.jpg

書式が……。

もっとも、タグパレットのパレットメニューで「タグをスタイルにマップ」するだけであっさり元の書式に戻るのだが。


この現象について、オブジェクトスタイルを疑ってみた。
一旦全アイテムのオブジェクトスタイルを「なし」にして、横組みに直し、「タグをスタイルにマップ」し直したものをコピー&ペーストしてみた。
それでも書式が変わってしまう。

次に、CSでXML取り込みをしたドキュメントをCS2でコンバートしてみた。
GWiki219.jpg

このドキュメントについてはCSと同様、CS2上でコピー&ペーストしても書式が維持される。

後は、CS2でXML取り込みしたものを互換ファイルに書き出し、CSで開く実験を考えた。
こちらは、今日はたまたまInDesignの機嫌が悪かったのか、エラーで落ちまくり。

結論は出ていないが、本日の検証作業は仕方なくこれにて打ち止め。

明日は出勤日だけど、検証の時間を確保できるかどうか微妙。
スポンサーサイト

やはり・・

難しいですね(笑)
知らない単語がいろいろあります^^;

>オブジェクトスタイルを疑ってみた

何となく知的に感じて使ってみたい気がします。
意味がわからないけど(自爆)

おはようございます。
ほぼ暦通りの勤務状況でありながら、脳内はカンペキに連休モードのいき♂でございます(笑)
allieさんって、CS2をお使いですか?
オブジェクトスタイルはCS2で追加された機能ですので。。。

おはよう!

私も連休モードでございますv-49

元に戻す方法は簡単ですが、本来必要のないオペレートなので困りますね。

http://psychocat.net/scriptNote/article.php?id=118

こんにちは!

ウチでは私以外のオペレータはCSです。
CS3が出たらタイミングを見て一斉にCS3への移行を検討してます。
CS3にもこの現象が継承されてしまうのかどうかわかりませんが、そうなったらなったであきらめておとなしく「タグをスタイルにマップ」しなさい、ということにしようかと(^^;

うーむ

オブジェクトスタイルの[基本テキストフレーム]で段落スタイルがオンに設定されていて「段落スタイルなし」か他のスタイルが割り当てられているということは考えられませんか?

どういう状態のドキュメントだと起きるのかわからないのですが、試しにタグを割り当てたテキストフレーム(タグをスタイルにマップしてないもの)をドラッグ&コピーしてみたけど、フレーム内にある書式は維持されてました。

KOUJIさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

fourさんからいただいたサンプルドキュメントのオブジェクトスタイルは、[基本テキストフレーム]の「段落スタイル」のチェックが外れていました。
今朝やってみましたが、そのドキュメントに新しくタグ付きフレームを追加したものは、スタイルのマッピングをしてもしなくてもコピー後も書式が維持されます。

あれー?
今、CS2で初めからXML取り込み用に組んだドキュメントを用意したんだけど、ちゃんとコピーできてしまった。
むー。わからん。。。

なんでしょうね。意外な盲点でドキュメントを新規保存してみたら余計な情報が消えて書式を維持してコピーできるようになったりして(笑)

検証の途中経過も不可解な現象が【追記あり】

もうひとつわかったのは、fourさんのドキュメント、ドラッグコピーだと書式がリセットされるけど、選択ツールでコピー&ペーストすると書式が維持されることです。
この場合、エレメントは当該「card1」コンテナタグ内の最終位置ではなく、全XMLエレメントの最終位置に追加されますけれども。

【追記】
そして、一度選択ツールによるコピペを行うと、以後ドラッグコピーしても書式がリセットされることがありません。
誰か、私にわかるように教えてください(泣き言)

オブジェクトスタイルについては、私は何一つ検証したことがありません。つまり、その機能自体が存在していないものとしてオペレートしています。

> 選択ツールでコピー&ペーストすると書式が維持されることです。
これには気がつきませんでした。

> そして、一度選択ツールによるコピペを行うと、以後ドラッグコピーしても書式がリセットされることがありません。
これは不可解ですね・・・

いきさんに検証していただいたドキュメントは、Adobeのサイトで配布されている XMLのチュートリアルから始まっています。ダウンロードした後そのドキュメントを元に、 XMLでの自動組版システムをどう構築して行くか? いろいろと試行錯誤しながら更新を続けた結果です。どちらかというと、InDesignのページアイテムの設定内容はあまり注意を払っていませんでした。自動組版のロジックをどうしようか、その部分だけいじくり回していたんです。

例のドキュメントはテンプレートファイルから複製コピーされて作られたドキュメントですが、テンプレートファイル自体がいろいろな段階での試行錯誤の経緯を含んだドキュメントになっていたのかもしれません。たいして小難しい処理はしていないのすが、一体どこに原因があるのか、さっぱりわかりません。

自宅には CS2 がありませんので、休み明けの再び検証しようと思います。

おはようございます

休みが終わっちまいました(笑)

>テンプレートファイル自体がいろいろな段階での試行錯誤の経緯を含んだドキュメント

うーん、そのあたりに何かがあるのかもしれませんね。
KOUJIさんが検証してくださったように、私のところでも一から作ったXML組版ドキュメントでは、エレメントのコピーで書式が崩れることがありませんでしたから。
目に見える違いとしては、問題のドキュメントの段落スタイルはすべて [基本段落] を基準に作られた子スタイルになっていることぐらいですけれども、同一ドキュメント内でのコピーに影響するわけではありませんものね。
頂いたサンプルドキュメント以外では、今のところ再現できないので、検証が手詰まりになった感がありますが、何かわかったらまた報告します。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kstation2.blog10.fc2.com/tb.php/111-29832eee

XMLの不思議

XML&自動組版。いき♂さんのBlogを読んでいて思い出したことがある。下記のようなXMLエレメントを適用したオブジェクトがあるとする。これをコピー&ペースとすると下記のようになってしまう。私と

(新しい記事)← CS3 発表
Adobeサポートデータベースより →(古い記事)

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。