InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


QXPからのコンバート  2011/05/27

過去のデータ資産を流用したい場合があります。
幸いなことに、 InDesign にはQuarkXPress 3.3J / 4.1J のドキュメントを開くためのコンバータが内蔵されていて、直接開くことができます。

しかし、当然ながらQXPでの組版状態を完璧に再現できるわけではありません。
例えばマスターアイテムがすべてオーバーライドされた状態でコンバートされる仕様は見落としがちですが、重要な点なので要注意です。
他にももっと注意すべき点がありますが、InDesignの勉強部屋をはじめ複数のサイトに有益な情報があるのでここでは割愛します。

今回は画像の回転角度に注目したいと思います。
勉強部屋などの情報を参照すると、「QXPのデータをInDesignで開いた場合、単位精度の違いによって画像の縮尺率が異なってコンバートされることがある」との情報を得ることができます。
では、回転角度はどうなるでしょう。
それについても、QXPにおける緻密な計算精度を、InDesignではうまく再現できないようです。
具体的には、あまり細かい回転角度は妙な具合に丸められてしまうのです。

今回確認したのは、QXP3.3JのデータをInDesign CS3でコンバートしたのですが、画像に設定された回転角度が

0.1度のものは0度に
-0.1度のものは -1度に


それぞれ丸められてしまいました。
なお、同じQXPファイルをCS5で開こうとしたところ、CS5が落ちてしまいました。
落ちた原因は特定できていないので画像に設定された回転角度と直接の関係があるかどうかわかりません。(むしろ関係ないと思ってはおります)

これをもって結論としたいわけではありませんが、異なるアプリケーションのデータをそのまま使おうとすること自体が無謀なのではないかと思っております。

以上、おそまつでした。

スポンサーサイト

InDesignにおける異なるバージョンとの互換性  2011/05/24

Adobeのサイトには以下の情報が載っています。
文書番号:cpsid_84454
最終更新日:2011-05-12
以前のバージョン用にファイルを書き出す(InDesign CS4/CS5/CS5.5)

要するに、CS5.5で作られた文書をCS5で開くには、上位バージョンでIDMLに書き出し、それを下位バージョンで開く必要があるのですが、上位バージョンのIDMLを開くことができるのは、同バージョンおよびひとつ前のバージョンに限られます。
つまり、CS5.5の文書をCS4で開くためには、CS5を持っていることが条件となります。

2011/05/28 訂正:
lcs_kawamuraの開発記録:InDesign CS4 6.0.7
上記の情報によると、CS5.5から書き出したIDMLはCS4で読めるようです。ただし、リンク先で言及されているように、CS4で直接CS5.5のIDMLを開くのは、6.0.7アップデートを実行した後のほうがより安全だろう、との事です。

また、CS4の文書をCS3で開くには、CS4のメニューからINXファイルを書き出す必要があります。

リンクが変更される可能性があるので、一部を引用します。

注意 : 旧バージョンには無い機能を使用している文書の場合、その箇所は変更されるか、または失われる可能性があるため注意してください。



上記に限らず、下位バージョンで開いたドキュメントは細部まで確認しないと、最悪の場合意図しない箇所のテキストがオーバーセットしてしまう可能性も否定できません。
特に、バージョンアップ毎に文字組まわりを大幅に更新していくInDesignにおいて、組版エンジンの違いはとても大きいのです。
大量文書ものを下位バージョンで開くとなると、チェックに費やすコストはとても大きなものになります。
もし、チェックなど適当でよいと思っているなら、それはとんでもない勘違いです。

よく、質問サイトなどで「バージョンが違う場合の注意点を教えてください」という質問が投げられているのを見掛けますし、組版の現場においては「IDMLで保存したからCS4でも開けます。大丈夫ですよ」という遣り取りが交わされることがあるとも聞き及んでいます。
繰り返します。
それは勘違いです。

バージョンが変われば文字組が変わります。
そのことはつまり、上位互換という考え方も成り立たないことを意味します。
組版エンジンが更新されているのですから。
古いバージョンのInDesignで組んだ文書は、新しいバージョンのInDesignであればバージョンがいくつ離れていても開くことができるので、やはり勘違いが生じやすいのでしょう。

もしどうしても異なるバージョンで作業したいのなら、そのあたりのリスクを承知した上で、せめて文字組部分は新たに組み直すくらいのコストを覚悟して作業することをお奨めしておきます。

交替は世の常  2011/05/23

InDesign以外のDTP作業が激減している。
とはいえ、過去のデータを改訂するにあたり、非AdobeのDTPソフトを立ち上げる機会もまだわずかながら残っている。
今後の改訂時に他のオペレータが作業できるようにするためにもInDesignへの移行を考えなければならない。
旧ソフトの操作方法、使えるオペでさえ忘れかけているし。

そんなわけで、あまり気が進まないながらも過去データの改訂に際し、InDesignへの切り替えを進めている。
適材適所というか、非Adobeソフトで組んだ方がラクな面もあるのだが、経費節減のためにサポート契約を切ってしまったし、それら古いソフトを新しいハードにインストールするのも億劫に。
そんなわけで、古いソフトウェアは切り捨てられていく運命なのであった……。


 | HOME | 

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。