InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フリーです  2010/06/10

いい言葉ですよね、フリー。
「私、このたびフリーになりました」
おお。独立ですか。おめでとうございます。

ただ、アナウンサーにせよこの業界にせよ、無名な者にはなっかなか仕事が回ってこない。
有名な人でも営業して、生き残るには相当な努力が強いられるわけで。


フリー/商用利用可
本当にいい言葉ですね。
つい最近も助けられましたよ、商用利用可のフリー画像に。

でもね、フォントに関しては……。
いろいろとデリケートなんですよ、フォントって。
世の中には商用利用OKなフリーフォントってのも確かにあるけど、欧文フォントかカナ文字フォントってことが多いですね。
なぜなら漢字フォントの制作にはとんでもなく手間がかかるから、商用で使うなら無償で提供ってのは考えにくいでしょ。当然ですね。
さて、欧文はともかくカナ文字フォントって、その多くはキー配列を割り当て、1ストローク(もしくはShiftキー併用)のキー押下で入力できる、いわゆる外字フォント的な1バイトフォントであることが多いです。
つまり、そいつをInDesignで利用した場合、文字組アキ量設定における文字クラスは欧文でしかないわけで。
たとえカナだけ入力してても、フレームの横幅を超えた時点でオーバーセットマークを表示してテキストが消えちゃいます。
CS4以降の「欧文泣き別れ」を選択すれば話は別ですけどね。
それにしても、欧文と混植しても、カナとの間にアキができない。だって文字クラスは欧文なんだから。
もちろん、デザインの一要素としてスポット的に使うのは良いことです。
でも、そういった類のフォントは本文で使うべきではない。

そう思いますけどね。個人的には。

それに、特に入稿される側においては、システムにたくさんのフォントを入れているところも多いことでしょう。
追加で得体の知れないフォントを入れるのって結構勇気が要るっていうか、抵抗があるんですよね。
フリーなんだから、損害があったとしても配布元には責任がないわけで。
でも、それを再配布した人には責任が発生しますよね。

やはり、フリーという言葉には自己責任がつきものってことで。

スポンサーサイト

アットマークの前後  2010/02/27

Windows版InDesign CS3/Illustrator CS3
フォントは Helvetica LT Std
画像上2行が Light/下2行が Roman

Helvetica って結構日常的に使ってるんだけれども、こいつでメールアドレスを入力するまで気がつかなかった。
Roman と Bold に関して、@の前後が微妙に開くじゃないか。
WS000313.jpg
Helvetica Neue LT Std の Roman(55)と Bold(75)は大丈夫だった。

つーことで、今後は Helvetica を使う時は Neue の方を選ぼうかな。
そう思ったら、今度は Helvetica と Helvetica Neue の違いが気になった。
H2O MAGAZINEさんの記事「HelveticaとHelvetica Neueの違いを見る(ついでにArialも)」が資料として詳しく、読み物としても面白かったのでトラバ。


長体に適した書体  2009/02/19

先日、表組の仕事をしていた。
私、表組の仕事をしていることが多いような気がするのだけれども(^^;
それはさておき。

限られたスペースに多くの文字を入れなければならず、必然的に長体を多用することとなった。
小さな級数で長体ということになれば、明朝を使っておけば、かなり長体をかけてもそこそこ読めるだろう。
件の仕事においても明朝を使うこととなった。

ところで、世の中には予め長体で組むことを想定してデザインされた和文フォントがあるのだ。
限られた広告スペースに多くの文字情報を詰め込むことを前提にしているとのことで、詳細は2008年3月10日(月)に行われた JAGAT テキスト&グラフィックス研究会「書体デザインの新潮流」 についての亮月製作所さんのレポートにて紹介されている。

レポートのひとつひとつがとても興味深い内容であるが、今回はタイプバンク社のコンデンス書体に注目。
これいいなぁ。買って貰おうかな。 ←却下(天の声)
ちっ。

あかつきさんが実験なさっていました(CrossFont)  2007/10/23

あかつき@Pocket DTP:「【CrossFont】Type1フォントをOpenTypeフォントに変換する」を拝読した。

桜花デザインさんのサイト、和文フォント大図鑑で紹介されていたCrossFont(Windows用)を使って、Fontographerで作成されたMac用のType1フォントをOpenTypeフォントに変換してみました。
  ~ (中略) ~
変換したフォントはWindowsでもMacでも認識でき、IllustratorCS2で使用できました。まず問題はないと思いますが、使用する際は自己責任で。
商用フォントを変換するのは当然違法ですので、自分で作ったフォントに限って変換してください。


作業には若干の根気を要求されるが、過去にFontographerで作成したフォントをWIN/MACで共有できることにメリットを感じるユーザーは少なくないのではなかろうか。

気になるフォント  2007/09/11

4galaxy.net:「漢字が使える日本語フォント 無料ダウンロード 46種類

それぞれ、利用に当たっては利用規約を確かめる必要がある。(念のため)

気になるフォントがたくさんある。
モフ字!
じゃぽねすく!
怨霊フォント!w

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。