InDesign居残り補習室

どれだけ勉強しても上達しない管理人の、InDesign備忘録を中心に。たまにブックレビューなども。

スポンサーサイト  --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LeopardのJIS X 2013:2004対応  2007/10/17

流石は小形さん。鋭いツッコミが冴えている。
もじのなまえ:「アップル、10月26日出荷の LeopardでJIS X 0213:2004対応を発表」

いろいろな懸念があるが、現時点でわかっていることはそう多くはない。
小形さんも次のように結んでいる。

ただし、これらはあくまでベンダーサイドの動きとして捉えるべきであり、ユーザーがそれをどのように受け止めるのか、素直に受容するか否かはまだ不透明とすべきでしょう。慎重に見守っていきたいと思います。



スポンサーサイト

フォントのバージョンには要注意  2007/07/30

なんでやねんDTP:「ダブルミニュートにご注意」を拝読した。

モリサワパスポートは、ウチの場合外部からの入稿データに対応するために入れているので、オペレータの人数分導入しているわけではない。
なので、普段扱う和文フォントはほとんどAJ1-4のモリサワフォントばかりの私には驚きの事実なのだが、AJ1-5以降だと上記リンク先の記事に紹介されているような問題が起こるそうだ。
こういうのって、ユーザーの運用で回避するしかない問題なんだろうなぁ。

説明不足は意図的なものか?  2007/05/30

lcs_kawamuraの開発記録:Windows Vistaの字形(12)より。

kawamuraさんが指摘なさっているように、私も互換フォントの仕様を誤解していた。

今までXPで使ってきたJIS90準拠のMSフォントはV2.3で、Vistaと共に登場したJIS2004準拠のMSフォントはV5.0とのこと。
Vista標準搭載のMSフォントとXP SP2向けにMicrosoft Updateで配布されるMSフォントはV5.0なので、ここまではとりあえず良いとして、従来のXPとの互換性を保つために配布されるVista用のJIS90準拠MSフォントが曲者だ。



続きを読む »

半角カタカナ  2007/04/17

まずは、Wikipedia記事より、冒頭のリード文の中から引用。

これらの文字は過去との互換性の維持のために用意されており、新規の文書等では使うべきでないとされている。


↑記事を最後まで読めば、もっと中立的な立場から書かれていることがわかるが。

全体に占める割合がどのくらいかは不明だが、掲示板などで半角カタカナは使用禁止と言われることがある。
サーバーにもよるだろうから、禁止するに越したことはないのかもしれない。
しかし、非印刷・非DTPの人にとって、半角/全角の区別がどの程度つくものだろうか。
ユニコード時代となり、また、携帯からのWEBアクセスも普及し、半角カタカナを多用する人が増えたことは事実。
今さら半角カタカナに目くじらを立てるのは、現実的ではないのだろうか。



続きを読む »

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

2006年3月28日カウント開始

Amazon

FC2 Affiliate

動くPDF

プロフィール

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーリンク

RSSリンク

直感カテゴリーツリーV1.1

ブログ内検索

ブロとも一覧

marumi

神楽崎 ゆう


■ ブログ名:I'm writing NOVEL

七篠 銀字


■ ブログ名:風と夜空と氷の国

MS


■ ブログ名:へなちょこDTP

桜桃


■ ブログ名:追憶の桜吹雪

瑪瑙 輝遊


■ ブログ名:千里の道も一歩から

magatu


■ ブログ名:unsigned

暁 鷲 (あかつき しゅう)


■ ブログ名:空を裂け!

NewMark

C-Roll


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。